2016年12月31日

最終回、終わりに

最終回、終わりに

ブレイクターーーイム!!

どうも〜〜〜/

いや〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
みなさん、初めからの方は特に、
毎日、毎日、土日祝もなく(笑)
半年ちょいのお勉強、
ご苦労様でした!
坊さんの記事は長いから、
毎日大変だったでしょう。


今後の引き継ぎ活動は、
ブログは、
「坊さんのブログ」
http://bousan.sblo.jp/

他愛のない事を綴っていきます。
毎日法話はありません(笑)

あとは、
「みんなのサンガ」
http://allsamgha.sblo.jp/

継続的に充実させねば、
と思います。ヤフカテにも載ったし。

後は、自坊のブログを作ろうかな
と思うけど、みんなが思ってるより
ショボイからね手作りだからね。僕んち。
ちょい恥ずかしいのだな。忍びない。
まあ、個人的営業的にやろうか、と(笑)
(だって坊さん貧乏なんだもん)
(みんな支援して 笑)
新しいパソコンかスマホかタブレット買ったら、
もしくは、お供養してもらったら(笑)
みんなのサンガのフェイスブックも作ります。
(今の坊さんの古い環境ではできないのです)
(だれか、代わりにやってくれる人がいたらお願いします)
みんなのサンガは完全非営利です。
お供養してくれる人がいたら、お預かりします(笑)
運営活動につかうか、さまざまな義援金にします。
運営活動費は、道場で瞑想したり合宿者の食事代などです。
あと、関西の道場は借りてるから、タダ借りは忍びないからね。
四国の道場は坊さん家だよ(笑)
坊さんは、坊主になって今迄、坊主ごとで、生活出来た事は
非常に感謝ですし、ありがたい事です。
この先も一生、坊主ごとをしか
しないでいようと決意してますし、
真理を出来るだけ吸収して死のうと思います。
みんなヨロピク/
とか言ってローソンとかで、ツルッパゲの
チビなオッサンを見かけても
坊さんかも知れないし、坊さんじゃないかも
しれないから、優しさビームの対応をして下さい(笑)
ちょっとくらい無愛想な接客でも、対応が遅くても
イライラしないで下さいね。いつも心掛けてね〜/
それ怒りだから。
ローソンの店員さんご苦労様です。
いや〜コンビニは忙しいよね。
僕はいかに近くのコンビニでも、無愛想で
対応が悪い店員が居るコンビニは利用しません。
ちょっと遠くても
優しさビームの笑顔の店員さんがいる所で
買い物をしますね。



いや、坊さんはもう、坊さんしかしないから。
お坊さん以外の事はしない、断言しときます。
この道しかないもの坊さんには。
みんな役割があるように、坊さんには
坊さんの役割があるのです。

お坊さん以外の事はしないと断言したけど、
フツーのお坊さんもゴシゴシはするよ。がはは。

いや、あれだね、
はじめた時は、まさか
毎日、長い法話を書くという
カルマちゃん(笑)が
待ってるとは思いもよりません
でしたね。
いやはや、初めに期限をつけたから
仕方ないから、終了しますが、
書こうと思ったらまだまだ
書けます(笑)
初めに期限つけたからな〜〜/
一応終わらないと、ダサイからね。
まあ、ダサイというかケジメだね。
ケジラミじゃないよ。
まだまだ、アクセスも増えているけどね。
(情報量が多くなってるから、記事も320超えたね)
坊さんはそんな事は執着しないのです。
気にするのは、早くジジイになって、
朝のち○こがフンニャリなることが夢です。
寒いのに、カラダは凍えてるのに、
なぜ?あんだけち○こは
生命力があるのか?
坊さんも、わかりません。


いや、このブログでは、
みんなのサンガが出来たり、
寺の求人もありーの(笑)
坊さんの下劣もありーの、
いろんなやりとりありーの、
いろんな募集ありーの、
と、たった半年で、いろいろありましたが、

密教的な事がほとんど載ってない。くはは。

という密教僧が書くブログとしては
珍しいブログでしたね。
ただ、阿闍梨じゃないと知らない
こととかを書いてるから、
坊さんの事も信用してもらえたと思います。
顔写真も出てるよ(笑)
求人は結局、応募なかったね。
光厳先生がここに来る前だったかな?
たしか、二回求人したよね。
今だったら、即、応募だったかも
しれませんね〜。こないだ、いろいろ
お電話で光厳先生とお話しましたからね(笑)


このブログは、
アクセスが結構あるから、また
前みたいにドメインを、同じのを使われて
全然違うブログになっていたら、
みなさんに申し訳ないし、
今後も忘れたことや、復習のために
そのまま削除せず置いておきます。
みんなのサンガと連動すればいいかな
と思います。
このブログはちょくちょく読み返した
ほうが善いです。
仏教への理解がより深まります。

次の
坊さんのブログも、タイトルもこれで
落ち着きましたが、(名前考えるのメンドいねん)
「部屋とワイシャツと坊さん」
「坊さんのカリ、とカリュキュラム」
「坊さんの個室浴場、風呂具」
全部ボツです(笑)
年代がオッサン丸出しだし、下ネタばっかやん。

みんなのサンガはヤフーさんから、
仏教団体と認められたので(笑)
組織化はせずに、ちゃんとした運営を
頑張ってしていこうと思います。
いや〜このブログから
仏教団体できると思わなかったよ。
修行者の方から、法人にしてと言われたら
それも検討します。
宗教法人は3年の活動が必要です。
NPO法人は宗教、NGです。
一般社団法人は、非営利活動なので
それも善いかもとまだまだ先の
事を考えてもしょうがないな。
こじんまりした、ダンマサークルです。

特に今年は善いご縁がありましたので、
来年はT先生にも光厳先生にも
いろいろ伝授させてもらって、
頑張ってもらいます。わはは。

こないだ、アパートの一室から
始めた寺のお坊さんというのを
見て、なんか善いな〜と思いました。
真理に大金や、立派な施設は
必要ないです。こころがあれば
充分です。いや、ネット環境は
要るよね(笑)
オタク、ダンマサークルとしては(笑)

いや〜〜〜あれだね、みんな最後なんか
あると思っただろ?
やはり、いつもどおり期待を裏切る坊さんです。
「オチ」もなにもありません。がはは。
まだまだ続きますからね。坊さん個人は。
このブログの更新は一切終わります。

というわけで、来年も宜しくお願い申し上げます/
では、このブログ終了/
みなさんに深く深く御礼申し上げます。
ありがとうございます!!
善いお年を〜〜〜〜〜〜〜/

合掌 阿闍梨 静恵

posted by ケイ at 19:49| ブレイクタイム(雑話)

第百九十九回 最終話 自灯明、法灯明

最終話 自灯明、法灯明

ありがとうございます。
法友のみなさんありがとう。

ありがとうございますーーーーーーーーーー!!

どうも〜/

このブログ最後の法話なので、釈迦の遺言でも
書いておきましょか(笑)

アーナンダよ、あなた方は、自己を島とし、自己を帰依処とし、他のものを帰依所とせず、法を島とし、法を帰依処とし、他のものを帰依所とせず、住しなさい。


アーナンダよ、およそ誰であれ、今あるいは私の死後に、自己を島とし、自己を帰依処とし、他のものを帰依所とせず、法を島とし、法を帰依処とし、他のものを帰依所とせず住するものたち、およそ誰であれ、学びを欲するものたちは、我が最上の修行者になることでしょう。

これは、釈迦の遺言でありますが、
有名な自灯明、法灯明という言葉です。
原典では、灯明ではなく、島となっています。
これは、
中国語に翻訳される段階で、ドゥビーバ(島)とディーパ(灯明)
の発音が似ているため、中国語で灯明になり、
日本人は灯明のほうがしっくりくるから、自灯明、法灯明
という言葉で知られるようになりました。
明かり光明を照らすという意味で、島より灯明のほうがカッコイイのです。
まあ、どっちでも善いけどね(笑)

ようするに、釈迦は他だれを頼りにする事無く
オレ自身も死ぬから「オレを」拝むなよ、自分のこころを頼りにして、
オレの説いた真理を頼りにしなさいよ、
他の外部者を頼りにすんなよ。
ってわけです。

今までクドクドクドクド坊さんは、説いて来ました。
分かるひとは、分かっていただきました。
もう、あまり解説はいらないと思います。

仏教の原点は、自分です。そしてこころです。
自分でつくった、汚れ、悪行為、
これを誰が尻拭いしてくれるというのでしょうか?
自分でやり散らかして来た事です。
自分で片付けないと、終わりは来ません。
また、法、つまり真理というものを
無視した事象というのは、あり得ない
のです。

太陽が地球から見て東から出て来て
西に沈みます。これは釈迦がうまれる
ずーーーっと前から現代まで同じです。
一日たりとも逆順したことはありません。
カエルのコはカエルだし、
カエルから、犬とか産まれて来たら恐いわな。
それから、犬が卵とか産んだら恐いわな。
真理は科学の常識といわれるものも含まれます。
DNA鑑定をして、お父さんと型が一致しなかった
というのは、あり得るわな(笑)
お父さん激怒するわな、これ真理ね。
真理というか、心理ね。

僕は、今までここで説く前から、
釈迦の言葉を信じて、法を信じて
そして、なにより自分のこころを
信じてきたからこそ、「真理」だ!
と、胸を張って書いて来れましたが、
これは、聞く側が居ないと
成り立たなかったことです。
釈迦とて同じ事で、真理を
いくら説いても、信じる人が
居ないと、ぬかにクギを打つような
もので、現代まで真理の法の「理解」
は残っていません。
わずかだけれども、真理を信じ
実践する人もいれば、
釈迦のあまりの偉大さを利用し
仏教を曲解させた人も大勢です。
いずれにせよ、仏教が説く真理とは
こんなものですよ、と説いて
もう、ホントにわずかな人ですが、
しっかり理解してくれた事は
坊さんの、坊主冥利に尽きます。
釈迦が説いた真理を坊さんが
説き、それを応用して、
家族の困りごとなど、ご自分で
坊さんの説法をアレンジしてご家族に手助けを
してくれた方などは、
坊さんも書いて来て善かったな、
と思う限りです。
まあ、授業料の請求は後で
送るから(笑)冗談。冗談。

坊さんは奇跡重視型じゃないことは
みなさんご存知ですが、
自分以外の外部も、一瞬一瞬、
自分でも追いつけないほどに
変化しています。これは無常です。
これは坊さんは奇跡だと思います。
だって、勝手に変っていってくれてる
のだもの。
朝おきて、拝まないと太陽は昇らないですか?
無理矢理、太陽をひもで縛ってくくり付けて
引っ張るのも無理でしょう。
雨や、台風、地震、津波、
これは、雨や、台風、地震、津波、
は、雨などは家があれば、しのげますし、
台風やなどもそうです。
しかし、この現象を自然に対して
やめてくれ、と懇願したところで
自然は自然なりに、動いているのです。

また、自然は自然なりと申しましたが、
人間、生命とて、カルマという自分でも
よく分からない、自然的生理現象により
行為をし、原因を作り、結果を出すものです。

科学的に見れば雪や雨が降る原因は
分かっています。
だけども、原因の原因は分かっていません。
神のみぞ知るではありません。
そうなってるのです。
しかし、それを防ぐ防御する
知恵は人間は人間なりにつけてきています。
昔だったらチョットした大雨で
犠牲者が出ていた事が、排水の整備や
家を頑丈につくる技術が、人間の培って来た
学習能力で、かなり善くなってきました。
しかし、人間の単位、時間単位などでは
計測できずに、大きな災害に見舞われ
ヒドく無惨な現象を自然はいとも
簡単に起こします。

我々、人間も苦しみの原因は、
探れば、簡単に出て来るものです。
しかし、原因の原因は普通に過ごしていたら、
どうあがいてもわかりっこないのです。
病気、ガンになれば、生活習慣が原因だと
すぐに分かりますが、
なぜ?ガンになるまで、そんな
生活習慣をするのか?というのは
分かりません。
どうあがいても分かりません。
僕は、心臓病になりました、
と言ったら、よくよく思い返せば、
その原因はあります。
塩分の取り過ぎ、タバコの吸い過ぎ
他いろいろあります。
だけど、なぜ?塩分をそこまで欲しかったのか?
タバコを吸いたかったのか?
これも、じっくりと探ればわかります。
だけどだけど、ストレスがあったり、塩っぱいものが
好きだったから、と言うのはわかりますが、
なぜ?ストレスがあったか、塩っぱいものが
好きだとかは、追求しても追求しても
原因となるものはドンドン出て来ます。

生活苦や、日常苦にハマって
にっちもさっちも行かない人がいると
思いますが、全部当てはめて下さい。
原因は一個ずつあるわけです。
それを一個ずつ自分の力でその苦しみを
除いていきます。
でも、最終的な原因はわかりません。

しかし、これは仏教では、ハッキリと
無明、カルマと位置づけています。
その、無明や、カルマをやっつけるのが、
修行であり、苦しみから脱する最大の
方法です。

一個ずつ、原因となるものを反省し、懺悔し
もう二度と、出て来なくするように、
努力、精進します。
さすれば、原因の原因、無明と
戦う時が来ると言います。
もう、原因となるものを作らない努力をすることです。
こころが作る事です。妄想がつくることです。
そしてこころで妄想が作った、原因をつぶしていきます。
結果として出て来たものは素直に受け入れ、
そして懺悔し、もう二度と同じ原因を作らない
トレーニングをします。

これを実践するのは他でもない、ご自分です。
そして、実践法は、他でもない真理の法です。
自分を信じて、真理を信じて、
仏教というものを、大切にし、
仏法僧に帰依し健やかにお過ごし下さい。


がんばってね〜〜〜〜〜/
坊さんも頑張る。
イヤ〜〜〜〜39歳。
遺書になるかな。。。
イヤイヤ、
初のふでおろし、
いやいや、冗談じゃなく。
このブログは、坊主として
いろいろお坊さんが本をだしたり著作したり
してますが、坊さんにとって初の著作です。
処女作です。なんで?
男でも処女作というのかね?
普通は童貞作だろ?
いや、ま〜〜。
あ〜〜〜。書いたね。
ゴシゴシ/
みなさんも半年間、毎日、法話読んでくださって
ありがとうございます。

全生命に光明の光が照らされますよう。
三界萬靈成佛道

南無帰依佛、帰依法、帰依僧
南無大師遍照金剛
南無釈迦牟尼如来


--結願文--
衆生無邊誓願度
福智無邊誓願集
法門無邊誓願覺
如来無邊誓願事
菩提無上誓願證
護持佛子静恵成所願

敬テ眞言教主大日如来、両部界会諸尊聖衆殊本尊聖者
釈迦牟尼佛、蓮華部中金剛部外金剛諸大眷属惣儘空法界一切
三寳二驚シ申ク、今佛子静恵稀人身受ケ衆生教化御為ニ佛慧智見賜リ
僅期勤修奉説法行法ヲ此座結願ニ當リ
本尊界會始奉テ、蓮華部中諸尊眷属等速所願成就為ニ
本曼荼羅位還給ウ也、抑開白ヨリ始メテ自結願今到ル迄、降臨影向給ル金剛部
金剛天等始奉テ三界所有天衆神祇法楽荘厳威光倍増
衆生安穏、消除不詳 増長福壽、無邊善願、決定成就、
決定円満、乃至法界、平等利益。
護持弟子静恵成所願。
此二御謹敬白


所修功徳 廻向三寳願海
廻向三界天人 廻向一切神等
廻向三界萬靈 廻向無上大菩提

阿闍梨 静恵

ご精読ありがとうございます。

拝 ケイ
posted by ケイ at 19:40| 法話

2016年12月30日

第百九十八回 もう恐いものはない

もう恐いものはない

ありがとうございます。
法友のみなさんありがとう。

ありがとうございますーーーーーーーーーー!!

どうも〜〜/
「安心立命」という言葉を聞いた事がある
方も多いと思います。
様々な宗教で用いられている
言葉です。

まあ、それも善いけどね(笑)
う〜む、坊さんのこころも無常ですな。
優しさビームがいつでもドビュドビュ
出せるようになりましたな。
真理、真理とピークの時などは、
安心立命も善いけど安心立ち○こ
のほうがイイヨ。と皮肉りましたけど、
いや、皮肉ってる?
いやいや、ネットを通せば、現実に
会える人に比べて、見てもらえる、聞いてもらええる
読んでもらえる、ってことが断然多くて、
その難しさを痛感するわけです。
こんだけ、なんのアピールもなしに
こんだけ、多くの人が通り過ぎて行った
ブログも珍しいです。
通り過ぎない人は、すごいなと思います(笑)
マジマジ。
多分、総本山から今月、不当請求が来たけど、
総本山のヤツが見て怒ってるんじゃない?(笑)
除籍しないでね〜〜〜〜〜ん/
しょうがないから、全部、払ったよ〜〜〜〜ン。
もう、領収はしっかり保管するから、死ぬまで。


まあ、除籍なら、除籍でイイ。
坊さんはそのくらいの覚悟で真理を説きます。
たかだか、世界遺産だろうが、国宝日本一だろうが
そこに泣いてすがってまで、しないと
生きて行けない事はないし、
やろうと思ったら、自給自足で
今のうちに百円ショップで食物の
種を買って山に撒いて、それを食ってでも
生きて行けるのです。
時には、イノシシやら、獣を殺生して
その辺の草や、野草を食って、
でも、動物的に生きて行けるのですな。
殺生はいけない。でも、生きて行く上で
仕方がない殺生もあるのです。
これは自然の摂理です。
いきなり、田舎で住んでいて、
寝てたら、夜中に、マムシが出て来て
その辺の棒で叩き殺すというのは、
仕方ない事です。
まあ、マムシってそのくらいじゃ死なないけどね(笑)
坊さんなら、仕掛けを作って
焼酎に付けて飲むけどな。がはは。
ギンギンだぜ。


まあ、極限の話になると、坊さんは
出来るだけ、ハエも蚊も殺生せず、
もちろんイノシシなんかも殺さず、
ゼンマイとかキノコをとって
その辺の草を食って生きます。
現代自然破壊で野生の動物が
野生の食い物がないから、畑を
荒らすといったことが起こっていますが、
畜生動物でも食い物が無い山なら、
坊さんは人間的に断食して瞑想して
何も害さず、餓死したいな
と思う限りです。
人間食わなくて苦しいのは
たぶん3週間くらいじゃない?
それ過ぎたら、ただ、もうろうとして、
死ぬんじゃない?坊さんは。
欲がある人は、殺生するでしょうけど。
坊さんは1週間の断食は何回も
した事あるけど、カラダ慣れるもん。
4日くらいで慣れるね。
カラダってそうなってる。
家の94歳のばあさんは、
10何年か前に死にかけて、
意識が全然なく、カラダの生命エネルギーを
維持するのに、点滴だけで2ヶ月くらい
過ごしたけど、全然覚えてないらしいってさ。
この記事書いたっけ?
今は、もうオバアだから、ヨレヨレヨボヨボだけど、
近所に1人暮らしで自分で買い物をして、
自分で飯作って食って生きてるよ。
この記事書いてなかったら、今度の坊さんが書く
次の新しいブログで書いてみようか?興味あるでしょ?

まあ、話戻そう。
え?何を話ていた?覚えてない。
それ、老化ね。

老化は、瞑想する事と坊さんの
長く取り留めない法話を
読む事がお勧めだね。

安心立命ですよ。

この宗教を信じていれば、安心して過ごせる、
この神様を信じていれば、間違いない、安心だ。
と言ったように、まあ本質的に人間は
なにかにすがっていたいものです。
神仏という言葉すら分からない子供は
親にすがりますし、
神仏など関係ないと思う人も、
会社にすがったり、先輩、に
すがったり、または旦那さん、
奥さんに依存したりします。
この神様を信じていたら、
安心して過ごせる、大丈夫だ、
と、思う気持ちは全然否定しません。
それはそれで結構な事だと思います。

しかし、みんなのサンガで修行している
人は、神様にすがらなくとも、
ただ、感謝さえすれば善いと思います。
そして、神様から敬礼されるような
修行者になることが理想的です。
実際に仏典では帝釈天が釈迦に
敬礼する話も出て来ます。

もう仏教の真理、仏教に出来る事が
かなり分かってきた修行者の方は、
真理の普遍性、狂いのなさに
ある種恐いな、と思い悪いことが
出来なくなる事だと思います。
真理は狂い無くはたらくから、
恐いことです。と過去記事に
した事ですが、逆に考えると
狂い無くはたらくので、ありがたい
ことだ、とも書きました。

あまりあてにならない親のような
神様より、真理の法がずっと
正確なことはもう理解できましたね?
老、病、死はかならず
来るんですよ、と漠然とではなく
しっかりと理解できたら、
もう恐いものはないと思います。

100%来るって分かってるから(笑)

逆に、いつ来るか、などと妄想を
していたら、恐怖が増します。
妄想をひとつずつ捨てて行く事が
苦しみをなくしてゆくトレーニング
という真理を知れば、
死ぬ事など恐くもなんともないのです。
自分も愛するひとも必ず死にます。
そして愛する人も、憎しみにかわったり、
そんなに愛さなくなったり、と
こころと言うものはコロコロと
無常に変化していく、というのも
よく、考えれたのではないでしょうか?

真理を知ってしまったら、もう
恐いものはないのです。
心無罣礙、無罣礙故、無有恐怖でしょ?
こころを元にして行為が
全ての現象を作ると考えたら
善いことをしたほうが
よっぽど、恐怖がなくなるのですね。
たしかに坊さんは高所恐怖症なので、
観覧車など乗ると恐いですが(笑)
まあ、冷静に考えると、そんなに
怖いことではない、と見る力はあります。

経験してないから、恐いものがなくなるのではなく、
真理を経験するから、死への恐れも
なくなるのです。

真理というものを一旦でも知れば、
神様にすがらなくても、全然OKなのです。
逆に、護摩の火からお不動さんみたいな
あんないかつい、変なおっさんが出て来たら
恐いわな。坊さんもビックリして逃げるよ(笑)

坊さんはおはからいという言葉が好きです。
坊さんは自坊が貧乏なので、手作りの
ショボイ自坊ですが、欲しい仏具類も
いっぱいあります。
しかし、貧乏なので買えませんが、
おはからいに任せるのです。
はからいと言うよりコネクションで
善い仏具もいっぱい揃った善い立派なお寺の
紹介もかつてありましたが、そんな
役員や総代がいて檀家がいて、
頭ガチガチの信徒さんがいて、
という所じゃ、坊さんは、四六時中
真言宗の立派な坊さんズラしなきゃ
いけないし、こんな自由な活動も
出来ませんからね。
ほいでもって、在家者からは
言いなり、総本山からは奴隷のような
仕打ちじゃどうしようもないもの/
坊さんの個性奪われちゃうよ。
坊さんから下劣を取ったら、
ただの坊さんだよ(何が悪い?)
まず、坊さん朝寝坊だから、朝の
お勤めは、毎日出来ない(笑)
朝の先達さんは必ずやる。
というか、そうなってる。
あ、そうか、わかった
僕のち○こが僕のこころのかわりに
起きてお勤めをしてくれてるんだな(笑)
ありがとう、ち○こ。
いや〜、ち○こにも感謝できる
素晴らしいお坊さんですね〜/
というバカはいないでしょうな。
居たら友達になろうな、
先達、友達ってことで。
なにも無くてもカラダがあれば
善いですし、カラダがいつ朽ちても
善いのです。真理というおはからいに
よって、リミットが来たらタイマー
通り死ぬのです。
前にネコが道路ではねられていて
死後硬直であおむけのまま両手足が
上にピンと立ってたのは不気味だったな。
坊さんなら、、、、
もうみんな坊さんが書く事、予想
してるわな(笑)みなまで言わない(笑)

カラダはもろい色々な構成要素で
出来た不浄物と観察して、
こころの状態を経験してみると、
わかります。
死んでも、真理を求める
こころの回転であれば、
それで善いと思います。
別に恐いことではありません。

と言ったからって、坊さんを
殺しに来ないでね。

要するに安心も、不安もない
フラットなこころの状態でいれれば、
恐怖はなくなります。
安心は、恐怖と表裏一体なのです。
恐怖があるから、安心があります。
恐いからこそ、すがります。
真理をよく観察すれば、
安心も恐怖もないのです。

ラス1で結願か。
結願というより坊さんにとったら
ひとつの成満ですね。
毎日説法も結構修行だったよ(笑)
いきなり、インフルエンザでちょっと
書けない、とか無いから。
明日、記事が載ってなかったら、
坊さんは実はスマップのメンバーだったか、
死んでるかのどっちかです。
まあ、かわりに光厳先生が
弔辞を述べてくれるでしょう。
みなさん、ありがとうございます。


ではでは、

ち○こ


ご精読ありがとうございます。

拝 ケイ
posted by ケイ at 20:09| 法話